朝ウォーキングで痩せた!起きてから何分後に始めると効果的?

ウォーキング
記事内に広告が含まれています。

 こんにちは、とほ山とほ夫です。

 ウォーキングは健康的で効果的なダイエット方法として、多くの人に支持されています。

 ただ、その効果を手に入れるためには、1日のうちどの時間帯にウォーキングするのが正解なのでしょうか?

 結論から言います。

 ダイエットに最も効果的なウォーキングの時間帯は、

 朝です。

 日中でも夜でもありません。

 早朝です。

 この記事では、ウォーキング歴3年の私とほ山が、ダイエットに最も効果的な朝ウォーキングの方法や秘訣、シンプルなルーティンについて詳しく解説します。

 起きてから何分後に始めると効果的なのかも説明します。

 さらに、

  • 朝食は食べる前か食べた後がいいのか
  • 朝ウォーキングする際の注意点は何か

 上記についても分かりやすく説明していくので、この記事を読むことで、朝ウォーキングの実践方法や効果、成功するためのポイントが明確になります。

 健康的な体重管理や美しい体型の実現に向けて、朝ウォーキングがどれだけ有効か、その真相をこの記事で明らかにしていきます。

とほ山
とほ山

書いているのはこの私

58歳ブロガー/キャリア33年現役の新聞記者/3年前に10時間にもおよぶ心臓手術を経験/主治医に勧められリハビリ目的でウォーキング開始/1日40分のウォーキングがルーティーン/

朝ウォーキングの効果は?いつから実感する?

ウォーキングで痩せた女性

 朝ウォーキングは、穏やかな朝の空気を感じながら心地よく歩くことで、健康促進やダイエットに効果的な運動方法として知られていますが、

どれくらい続けたら効果があるのだろう…

 こう思っている人は多いと思います。

 この記事では、朝ウォーキングがどのように体に影響を与え、いつからその効果を実感できるのかについて詳しく探求していきます。

 朝ウォーキングの効果は、個人の体質や運動状態、食生活によって異なるため、具体的な効果を実感するタイミングは人それぞれ異なります。

 ウォーキングの効果は、

  • 始めてすぐ
  • 2~3週間後

 と、段階を踏んで表れます。

 朝ウォーキングの効果が表れるタイミングや、どのような状態で効果が感じられるのかを明らかにし、続けるメリットについて詳しく解説します。

1.朝ウォーキングの効果とは

 朝ウォーキングは、日常生活に取り入れやすく、身体への負担が少ないため、多くの人におすすめされる運動方法です。その効果は多岐にわたります。

脂肪燃焼とダイエット

 朝ウォーキングは有酸素運動であり、脂肪を効率的に燃焼させる効果があります。特に空腹時に行うことで、体内のエネルギー源として脂肪を使いやすくなり、ダイエット効果が期待できます。

新陳代謝の向上

 朝ウォーキングは新陳代謝を高める効果があります。運動によって基礎代謝が上がり、一日中エネルギーを消費しやすくなるため、痩せやすい体質を作ることができます。

ストレスの軽減とリフレッシュ

 朝の爽やかな空気を吸いながらウォーキングすることで、ストレスの軽減やリフレッシュ効果があります。リラックスした状態で運動することで、心地よい気分になります。

THE PERSONAL GYM

2.朝ウォーキング効果が実感できるタイミング

 朝ウォーキングの効果を実感するタイミングは個人差がありますが、以下のような時期やタイミングで実感されることが多いです。

メンタルの安定感→始めてすぐ

 朝ウォーキングは気分をリフレッシュさせ、ストレスの軽減に寄与します。まず早起きして朝日を浴びることで、これまでになかった爽快感を味わえます。メンタルの安定感と、その日1日やる気に満ちた充実感は朝ウォーキングを始めてすぐに実感できるでしょう。

体力向上と疲労緩和→始めてから2~3週間後

 朝ウォーキングを継続して行った後、体重の減少や体力の向上、心地よい疲労感の緩和などが、継続的に行うことで実感されるようになります。

 同じ距離、同じ時間、同じ歩数をウォーキングしても、始めた当初と2~3週間後では、疲れ方が違います。数週間後は、明らかに体力に余裕がでてきます。徐々に距離を伸ばしていくといいでしょう。

  • この章のまとめ 朝ウォーキングの効果は続けることで積み重なり、体調や健康に良い影響を与えます。自分自身の体験をもとに、効果を実感するタイミングを見つけて継続していくことが大切です。
THE PERSONAL GYM

朝ウォーキングがダイエットに効果的な3つの理由

朝ウォーキングでリフレッシュする人

 朝の新鮮な空気を吸いながら軽快な歩調で街を歩くことは、メンタルの安定や健康促進に効果的ですが、さらにダイエットにも効果があるなら、始めない手はありませんよね。

 朝ウォーキングは脂肪燃焼効果や新陳代謝の促進のほか、毎朝続けることで習慣化し、継続的な効果が見込めます。その根拠について、分かりやすく説明しています。

1.脂肪を燃焼する効果

 朝ウォーキングは有酸素運動であり、脂肪を効率的に燃焼させる効果があります。以下の理由により、脂肪燃焼効果がダイエットにおいて重要です。

脂肪の主要なエネルギー源

有酸素運動は、脂肪を主要なエネルギー源として利用するため、脂肪の燃焼が促進されます。朝ウォーキングは、適度な運動強度で長時間続けられるため、脂肪を効果的に消費しやすい特徴があります。

空腹時の運動効果

 朝ウォーキングは、空腹時に行うことが一般的です。空腹時に運動することで、体内の糖分が少なくなり、代わりに脂肪がエネルギー源として使われやすくなります。

2.新陳代謝を促進する効果

朝ウォーキング効果で新陳代謝が促進された女性

 朝ウォーキングは新陳代謝を高める効果があり、ダイエットに有益です。以下の理由で新陳代謝の促進がダイエットに寄与します。

基礎代謝の向上

 朝ウォーキングによって新陳代謝が活発化し、基礎代謝がアップします。これにより、一日中エネルギーを消費しやすくなり、ダイエット効果が期待できます。

持続的な効果

 朝ウォーキングを継続的に行うことで、新陳代謝が持続的に高まり、ダイエット効果が継続します。積極的な運動習慣が、日常の新陳代謝を向上させる要因となります。

3.日常の積み重ねの効果

 朝ウォーキングは、日常的に継続しやすく、その積み重ねがダイエットに効果的です。以下の理由で日常の積み重ねがダイエットに有益です。

日常生活への統合が容易

 朝ウォーキングは手軽で日常生活に取り入れやすい運動方法です。継続的な取り組みが可能であり、これがダイエットの成功に繋がります。

とほ山
とほ山

雨の日以外は必ず朝ウォーキングすると習慣づけてしまえば、逆に休むと気持ち悪くなります。

継続的な効果の享受

 短期間でなく、長期間にわたって続けることで、ダイエット効果が持続しやすくなります。日常的な習慣として朝ウォーキングを取り入れることで、その効果を最大限に引き出すことができます。

  • この章のまとめ 朝ウォーキングは、脂肪燃焼や新陳代謝の促進、日常の積み重ねなどの理由から、ダイエットに非常に効果的な運動方法と言えます。これらの要因を活かしつつ、継続的に朝ウォーキングを行うことで、健康的で効果的なダイエットを目指しましょう。
THE PERSONAL GYM

朝ウォーキングの効果的なやり方3つのポイント

朝ウォーキングを習慣にしている男女

 朝ウォーキングは効果的な運動方法であり、適切なやり方を把握することで、効果を最大限に引き出すことが可能です。この記事では、朝ウォーキングを効果的に行うための3つのポイントについて詳しく解説していきます。

 そのポイントは、

  • 正しい歩行姿勢とペース
  • 適切な時間と距離
  • ストレッチとウォームアップ

 上記の3つです。

 朝ウォーキングの効果的なやり方を知ることで、効率的に脂肪を燃焼させることができるだけでなく、健康へのプラス効果も期待できます。朝の空気を吸いながらのウォーキングは、心地よいリフレッシュ効果もあり、健康的な生活への第一歩となります。

1.正しい歩行姿勢とペース

 朝ウォーキングで効果的なやり方の第1のポイントは、正しい歩行姿勢と適切なペースです。

歩行姿勢の保持

 正しい歩行姿勢を保つことが重要です。背筋を伸ばし、肩を引いて胸を開き、お腹を引き締めましょう。顔は前方を向き、目線は地面を見つめます。

適切なペースの設定

 ウォーキングのペースは自分の体調や目標に合わせて適切に設定しましょう。初めはゆっくりとしたペースから始め、徐々に速度を上げていくことが大切です。

2.適切な時間と距離

 朝ウォーキングで効果的なやり方の第2のポイントは、適切な時間と距離を設定することです。

適切な時間の設定

 朝ウォーキングは、20分から30分程度が効果的な時間とされています。朝の新鮮な空気を吸いながら、身体を活動させて一日をスタートさせることが重要です。

とほ山
とほ山

朝は忙しいですし、あまり長時間のウォーキングは向きません。まずは20~30分でスタートし、余裕があれば時間を伸ばしていきましょう。

適切な距離の設定

 初めは数㎞から始め、徐々に距離を伸ばしていくことが良いです。自分の体力や日常のスケジュールに合わせて、適切な距離を設定しましょう。

とほ山
とほ山

年齢や男女差、歩幅によっても距離は変わってくるので、歩行距離はそれほど気にしなくてもいいと思います。距離よりもむしろ、無理のない範囲で歩行時間を徐々に増やしていきましょう。

THE PERSONAL GYM

3.ストレッチとウォームアップ

朝ウォーキング前にウォームアップする人たち

 朝ウォーキングで効果的なやり方の第3のポイントは、適切なストレッチとウォームアップです。

ウォームアップ

 ウォーキングの前に、軽いストレッチや身体をほぐすウォームアップを行いましょう。関節や筋肉を準備することで、 リスクを減らします。

ストレッチ

 ウォーキング後に、筋肉の緊張をほぐすためのストレッチを行います。特に脚部のストレッチは重要で、適切なストレッチを取り入れてリラックスさせましょう。

とほ山
とほ山

特にとほ山のようなアラカン世代は、朝起きたばかりの体はガチガチです。時間をかけてウォームアップとストレッチをして、けが防止に努めましょう!

  • この章のまとめ 朝ウォーキングを効果的に行うためには、正しい歩行姿勢とペースの維持、適切な時間と距離の設定、そしてウォームアップとストレッチの実施が欠かせません。これらのポイントを適切に取り入れて、効果的かつ安全な朝ウォーキングを行いましょう。
THE PERSONAL GYM

朝ウォーキングは起きてから何分後?朝食前?後?

朝食のイメージ画像

朝ウォーキングって、起きて何分後にするのがいいんだろう?

 朝ウォーキングを始める最適な時間は、一般的には起床後から30分から1時間以内が良いとされています。この時間帯は、身体が静かな状態から活動状態に移る過渡期であり、ウォーキングに適した状態になっています。

朝ご飯を食べる前がいいの?それとも食べた後がいいの?

 これも謎ですよね。

 結論からいうと、どちらでもOKです。

 人によっては、朝食をとった方が目が覚めるという人もいるでしょうし、ウォーキングを終えてすっきりした気分で朝食をとりたいという人もいるでしょう。

 朝ウォーキングを朝食前にするか朝食後にするか、それぞれのメリットや効果について理解することで、効率的な運動とダイエットの手助けとなるでしょう。

 朝食前に行うウォーキングは体脂肪の燃焼効率が高まる一方、朝食後のウォーキングはエネルギー補給となります。

 この記事を通じて、朝ウォーキングの食事タイミングによる効果やメリットを理解し、自身に最適な方法を見つけましょう。

1.起床後30分から1時間以内

 朝ウォーキングは、朝早くに行うことに意義があり、最大限の効果を発揮します。具体的には、起床後30分から1時間以内に始めましょう。

 起きたばかりの時間帯は体がリラックスしており、新鮮な空気や穏やかな環境を味わいながら運動することができます。

 この時間帯に行うことで、一日のスタートを爽快に切ることができ、新しい一日に向けての活力を得ることができます。

2.朝食前ウォーキングのメリット

脂肪燃焼効率が高まる

 食事を摂取する前の空腹時にウォーキングを行うことで、体内の糖分が低くなり、脂肪が主要なエネルギー源となりやすくなります。これにより、脂肪燃焼効率が高まり、ダイエット効果が期待できます。

血糖値のコントロール

 食事前に運動することで、血糖値が急激に上がるのを抑える効果があります。これにより、食事後の血糖値の急激な上昇を緩和でき、糖尿病予防にも役立ちます。

  • 軽めの食事はOK  食前のウォーキングでは、軽めの食事や飲み物を摂取しても問題ありません。過度に空腹状態で行うより、適度なエネルギー補給をしてからウォーキングする方が体調を維持しやすくなります。

3.朝食後ウォーキングのメリット

消化促進と新陳代謝向上

 食事後のウォーキングは、消化を促進し代謝を高める効果があります。食事を摂った後に運動することで、食事の消化・吸収がスムーズに進み、新陳代謝が活発化します。

エネルギーの利用

 食後のウォーキングでは、摂取したエネルギーを適切に消費できます。これにより、余分なエネルギーを脂肪として蓄積せずに済み、体重の増加を抑える効果があります。

  • 消化のための時間を確保 食後すぐに激しい運動をするのではなく、食事後1~2時間程度の時間をおいてからウォーキングを始めると消化が進みやすくなります。
  • 過剰な食事は避ける 食後のウォーキングでは過剰な食事は避け、適量の食事を摂取することが重要です。過剰な食事を摂ると運動中の不快感や消化不良の原因となります。
とほ山
とほ山

ウォーキング前に朝食をとる人もとらない人も、必ず守ってほしいことが1つ。それは、朝起きたらコップ1杯の水を飲むことです。朝起きた時、人はカラカラの状態です。そんな状態でいきなりウォーキングを始めるのは危険なのです。

  • この章のまとめ 食前のウォーキングは脂肪燃焼効率が高まり、血糖値のコントロールに有効です。一方、食後のウォーキングは消化促進やエネルギーの効率的な利用に役立ちます。選択肢は個人の目標や体調、ライフスタイルによって異なりますので、自身に合ったタイミングで行うことが重要です。

朝ウォーキングの注意点

ストレッチする女性

 朝ウォーキングは気分爽快で、新鮮な空気を感じながら始めることが魅力的ですが、適切な準備や注意が必要です。過剰な運動や無理なペース、急激な始動はリスクを伴うことがあるため、注意深く取り組むことが大切です。

 また、体調や健康状態によっても適した方法が異なるため、無理せず自身の状態に合わせて進めることが必要です。

 この記事では、朝ウォーキングを安全かつ効果的に行うための注意点やポイントについて詳しく解説します。留意すべき健康リスクやおすすめの服装、適切なウォーキングのスピードなどについて理解することで、健康的で安全な朝ウォーキングを続け、効果的なダイエットや健康促進につながります。

1.ストレッチとウォームアップの必要性

 ウォーキングの前に適切なストレッチやウォームアップを行い、筋肉や関節を十分にほぐすことが重要です。

2.適切なペースで始める

 初めての朝ウォーキングでは、無理なくゆっくりとしたペースでスタートし、徐々に速度や距離を増やしていくことが大切です。

 いきなり速歩ではなく、最初は散歩くらいのペースで、体が温まってきたらスピードを上げていきましょう。

3.安全性に関する注意点

明るい場所を選ぶ

 朝は明るい場所を選んで歩くことで、周囲の状況がより見やすくなり安全です。特に冬場は明るくなるのが遅いので注意が必要です。

歩行ルートの確認

 歩行ルートは事前に確認し、安全な道や歩道を選びましょう。車道を横断する際は、信号や横断歩道を利用しましょう。

とほ山
とほ山

早朝だと信号が点滅状態の場所もあるでしょう。車も朝早くだと人が歩いているのを認識していない可能性もあります。十分に安全を確保してウォーキングしましょう!

4.服装と水分補給の注意点

適切な服装

 天候や気温に応じた服装を選びましょう。吸湿速乾性の高い服や、季節に応じた防寒具を着用することが大切です。

適した靴を選ぶ

 歩行に適した靴を選びましょう。足にフィットするクッション性の高い靴で、歩行時の負担を軽減できます。

筆者愛用のスタンスミス
とほ山愛用のスタンスミス・サステナブル
とほ山
とほ山

とほ山の愛用はアディダスのスタンスミス。少しくらい汚れても味があるし、丈夫でガシガシ歩けます。いかにもウォーキングシューズ、という感じではないのでタウンユースにも最適です!

十分な水分補給

 ウォーキング前後に適切に水分補給を行い、脱水を防ぐことが重要です。先ほども説明しましたが、朝起きたらまずはコップ1杯の水を飲みましょう。

  • この章のまとめ 朝ウォーキングは効果的な運動方法ですが、安全と効果を確保するためには、適切な準備や注意が必要です。これらの注意点を守りながら、朝ウォーキングを実施することで、健康促進やリフレッシュ効果を享受できます。
THE PERSONAL GYM

朝ウォーキングで痩せる秘訣とルーティンまとめ

朝ウォーキング効果で痩せた人

 朝ウォーキングは、健康促進やメンタル安定だけでなく痩せる効果があります。痩せるための成功の秘訣は、正しい歩き方や適切な時間、そして体を温めることです。

  • 秘訣1.正しい歩き方 朝ウォーキングでは、背すじを伸ばして、ゆっくりとしたペースで歩くことが大切です。良い姿勢で歩くことで、体にいい影響を与えます。
  • 秘訣2.適切な時間とペース 朝ウォーキングは、朝の新鮮な空気を吸いながら、ゆっくりと歩くことが効果的です。始めは少しの時間から始めて、徐々に時間やペースを増やしていきましょう。
  • 秘訣3.体を温める 朝ウォーキング前には、軽くストレッチやウォームアップをして体を温めましょう。温かくなった体で歩くことで、効果がアップします。

 朝ウォーキングは、簡単で誰でも始めやすい運動です。これらのポイントを守りながら毎日続けることで、無理なく健康的に痩せる効果が表れるでしょう!

 大事なのは継続することです!

 さあ、明日の朝から少しだけ早起きして、シュッとした健康な体を手に入れましょう!

とほ山とほ夫

・1965年生まれの58歳
・キャリア33年の現役新聞記者
・会社リタイアまで残り2年
・セカンドキャリア模索中
・アラカンブロガーに俺はなる
・雪のない街に移住希望
・ウォーキングをこよなく愛す
・お酒は飲めません
・3年前に禁煙成功

とほ山とほ夫をフォローする
ウォーキング
とほ山とほ夫をフォローする
タイトルとURLをコピーしました